新着情報

  • 2021/2/8

    美里フットパスマップリニューアル

    この度、観光庁の「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツづくり」事業の採択を受け、美里フットパスコース15コースのコースの見直しと、マップのリニューアルを行いました。

    フットパスは、コロナ禍の中、屋外で、更にセルフ型で地域を楽しみながら歩くことをは感染リスクも低い活動です。ぜひ、マップを手にしていただき、自由に歩きに美里町に起こしください。

    希望者には新しいマップを無料でお送りいたします。ご希望の方は下記のリンク先のフォームからお申し込みください。1週間前後でお届けします。

フットパスとは

”ありのまま”の美里を歩く。これが「美里フットパス」です。
フットパスとは【Foot=歩く】【Path=小径】のこと。
積極的に歩くことを楽しんでいるイギリスが発祥です。

里山や田園地帯、古い町並みなど、昔からその地域に残るありのままの風景の中を心身で感じながら歩きます。ぶらぶら楽しみながら歩くことを「ランブリング」と言います。

歩くことで見えてくる地域ならではの風景や、それを守ってきた地元の人との温かな触れ合いが、美里フットパスのランブリングの何よりの楽しみです。

フットパスの楽しみ方

①【セルフランブリング】マップを購入して、自由に歩く

ランブリング=ぶらぶら歩くこと
マップは地域の公共施設や物産館などで販売されています。
詳しくはこちらをご覧ください。

②【ガイドウォーク】グループ、個人でガイドを依頼

地元のガイドの案内で、より深く地域を楽しめます。
料金:ガイド1名につき5,000円、手配料200円×参加人数
※案内人数:1名のガイドに付き15名ほど
※案内人数が多い場合は、2名以上のガイド料をご負担いただく場合がございます。

③【イベントウォーク】定期的に行われるイベントに参加

季節の地域行事や体験プログラム、地域の方のおもてなしなどが楽しめます。
参加者同士の交流も魅力です。

フットパスのルール

① ゴミはきちんと持ち帰ること
② 動植物、その他の田畑に植えられた作物や植物を採取しないこと
③ 家畜を脅かしたり、作物を荒らしたりしないこと
④ 火災防止のため、火気の取り扱いには注意を払うこと
⑤ 地域住民の生活に迷惑となるような行為はしないこと
⑥ 季節によっては蜂や蛇などに遭遇することも
  気象条件の変化や野生動物に十分に注意すること

フットパス